徒然なるままに

個人の備忘録を中心としたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
QuickJapan 105号において、女・男祭り、白秋のライブレポ及び有安杏果の個人インタビューが載っていた。
その中のももかの勇気ある告白について、思うところがあったので少し書きたいと思う。

ももいろクローバーZのももか以外の四人のメンバーを「天才型」するならば、

有安杏果は、ももいろクローバーZの中で唯一の「努力型」である。

無印のももいろクローバー時代で言えば早見あかりも努力型だったと思う。

ももクロchan(CSの冠番組 などを見ていると、四人が本能でパッと動けるのに対し

ももかは考えてから動く。四人と比べてワンテンポ遅れることが多かった。

ももかのブログを読めば分かるように、かなり丹精込めて一つの記事を書き上げていることからも

考慮を重ねるタイプだということが分かるだろう。

また、気質が真面目で、ワーキャーしてる輪の中に入ることが苦手なタイプなんだろうなあと感じていた。

そんなももかだが、ファンに対してはブログの中で常に感謝の思いを書き綴り、

ももクロ団(TBS の1コーナー「もしクロ」や、アイドルちん(日テレ・現在終了 では

トップクラスに萌える(推しの魔力 回答をするなど、アイドル性は非常に高い。

考えていない状態での大ボケや、突発的なリアクションでは、ももクロ内でも随一であろう。

このことをQJのインタビュアーは「有安さんはオンとオフをはっきり分けたい人ですからね」と相槌をうっていた。

アイドルとしてファンに甘える(良い意味で 一方、他の四人がじゃれあっている輪に入れず一線を引いている

このギャップに疑問を覚える人が、モノノフの中でいたということも事実だろう。

(ここからは特に有安さんの内面について、一個人の観点から話すので、的外れに思われること、気分を害することがあるかもしれないですが有安さんについての誤解が少しでも無くなることを願って書きます)

しかし実際は「オンとオフを分ける」なんて器用なことをしたくてしているわけではない。

ももかはすごく不器用に見える。(不器用という理由で全てを肯定するつもりはもちろんない

それは、思いが伝わらないもどかしさ、理性のストッパーを感じることが度々あったからである。

考えすぎて話がまとまらなくってしまう、活舌が悪く思うように伝わらない。

だからいつもブログは、心を込めて、推敲して書き上げる。 臭くなっても自分の気持ちが伝わるように。

本当に裏も表もない四人に対してのコンプレックス。

考えすぎて「こうなんじゃないか」「いやそれは違うんじゃないか」のループ。

「私が入ってもつまらないし・・・」

輪の中に入ることにブレーキをかけてしまう。

決してメンバーが嫌いなわけではないし、信頼している。

実は加入当初~あかりん卒業までのももかは映像を見る限り、Z以降の一時期のももかより明らかに積極的なのである。

これは途中加入の自分が認めてもらうための必死の頑張り。

周りに自分が認めてもらえたことがわかって、

信頼できる仲間なら肩肘張る必要もないかとテンションの低さを隠さなくなって、

でもメンバーはももかにもっと絡んで来てほしくて、

一枚の壁を壊すことが出来なかった。



そう、・・・・・米子の夜までは。

米子の夜、五人のメンバーは涙を流しながら本音を語り合ったらしい。

ももかの殻にヒビを入れたのは、やはり四人のメンバーだったのだと思います。

かつてのももかと四人のメンバーの間の微妙な気遣いはモノノフは皆気づいていたと思う。

そして、ここ数ヶ月前からももかがメンバーとよく絡むようになったこと、笑いあうようになったことにも気づいていたと思う。

それが、昔の肩肘張ったテンションでなく、自然から出る笑いだということにも。

米子以降、やはりリーダーが積極的にももかに絡んで来てくれていたということにも。

QJ 102号の川上さんのインタビューにもある通り、

本来は感情に任せて動くタイプなのに冷静にしなきゃいけないという足枷を自分にかけていて

その有安が足枷を外して進化したときに、またももクロが違う段階に行く時だろう

と。

同 102号のヒャダイン、山里の対談でも

努力型の彼女は、キン肉マンのジェロニモ。ジェロニモは人間なんだけど、最後にはちゃんと超人になりますから。めっちゃ強い!

と。

QJ 105号のインタビューに対してもの足りなさを感じる人もいるみたいですが、
このことはおそらくみんなが思っていたことで、ももか自身が勇気をもって告白した時点で終わる問題かと。
(確かに、女祭りのリベンジのことを中心に聞くつもりで来たインタビュアーが対応出来なかった感はありますがw

五人の集合写真を見てると、正直感極まるものがありますね。

ももクロのテーマが夏菜子だとしたら、裏テーマは有安だったのだと思います。

最後にこれだけ言わせてください

笑顔と元気を僕らに届ける小さな巨人にエールを込めて
ももか、ももか、ももか、ももか、ももか、ももか、ももかー!!
スポンサーサイト
【ダイアログでの表示】

import android.app.AlertDialog; //ダイアログ本体
import android.content.DialogInterface; //ダイアログにてアクションが起こったときの制御用



new AlertDialog.Builder(this)
.setTitle(R.string.dialog_title)
.setItems(R.array.volume, new DialogInterface.OnClickListener() {
public void onClick(DialogInterface dialog, int index) {
startGame(index); //Dialogで選択された値を元にゲームをスタート
}
}).show();



.(ドット)で関数が長く繋がっているが、これらの関数は自分自身のインスタンスを返していることに注目。
1.AlertDialog.Builderクラス:コンストラクタに呼び出し元のアクティビティを渡す。
2.setTitle():ダイアログのタイトルを入れる。
3.setItems():array要素をリスト的にセットする。第一引数に<string-array>で設定したarray要素(上の例ではvolume)。
第二引数はDialogInterface.OnClickListnerクラスを無名クラスとして実装し、onClick()関数を定義する。
DialogInterface.OnClickListner.onClick()には渡されてきたDialogInterfaceと、array要素のインデックス(上から順に0,1,・・・)を指定。
4.show()でダイアログを実際に表示する(これを忘れるとダイアログが表示されない)

3'.setItems()はリストからアイテムを一つ選択するものだったが、単にメッセージを表示したい場合などはsetItems()の代わりにsetMessage(R.string.message).show()としてやればよい。

【デバッグの際などで使用するログメッセージの使い方】
アクティビティの途中の状態を、ログとしてLogcat上のコンソールに表示したいという時にログメッセージを用いる。
(アプリ上で表示してもよいのだが、いちいちダイアログを作ったりするのは骨が折れる)


import android.util.Log;



private void function1(int index){
Log.d("TAG1","clicked on " + index);
}


Log.d(デバッグ)、Log.e(エラー)、Log.i(情報)、Log.v(冗長)などそれぞれの深刻度に合わせてログメッセージを出力する。
第一引数はLogcatのログのタグ名として表示される。
【Androidにおけるメニュー画面およびプリファレンス(設定項目)の作成】
Androidに備わっているクラスを利用して、メニュー画面を簡単に作れるようになっている。

メニューについてはAndroidの仕様変更が結構あり、ちょっと前の参考書で対応できない部分になかなか手間取った。
まず、ハードとしてのmenuボタンの廃止により、基本的にはアクションバー右上にメニューが表示されるようになった。
また3.0でFragmentという、アクティビティを複数の部分で作成する機能が実装されたことにより、
Android(3.0)より前と、3.0以後によってメニューの実装方法が異なることに注意。

共通する部分
・メニュー項目の作成
・呼び出し元アクティビティ内の記述
・プリファレンスのレイアウト(正確にはレイアウト元)xmlファイル


・メニュー項目の作成
layout/menuにmenu.xml(ファイル名任意)ファイルをつくる


<menu xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
<item android:id="@+id/settings"
android:title="@string/settings_label"
android:orderInCategory="10"
android:showAsAction="always" />
</menu>


1.id:メニュー項目を一意に判別するために付与する。
2.title:メニュー項目に表示する文字。
3.orderInCategory:メニューアイテムの重み付け。複数のメニューアイテムがあるとき数値が大きい方が先に表示される、
4.showAsAction:3.0以降でアクションバーにメニューアイテムをどのように表示するか、しないか。
それより前のverではこの属性に関係なく、単純に、Menuボタンを押すとメニュー項目が出てくる(と思う。。)

これでメニューが作られた。


・呼び出し元アクティビティ内の記述

import android.view.Menu;
import android MenuItem;

public class Main extends Activity{
・・・・・
@Override
public boolean onCreateOptionsMenu(Menu menu) {
super.onCreateOptionsMenu(menu);
getMenuInflater().inflate(R.menu.activity_sudoku, menu);
return true;
}
}



1.getMenuInflater()
XMLからメニュー定義を読み出し、実際のビューに変換するために使うMenuInflaterのインスタンスを返す。
inflaterは複数のレイアウトXMLファイルをレイアウトに使用する際に使うものということらしい。

2.MenuInflater.inflate()
実際にインフレートする。
void inflate(int menuRes, Menu menu)
Inflate a menu hierarchy from the specified XML resource.


メニュー項目を選択すると、anOptionsItemSelected()が呼び出される。
この関数もオーバーライドして、動作を決める。


public class Main extends Activity{
・・・・・
public boolean onOptionsItemSelected(MenuItem item){
switch(item.getItemId()){
case R.id.settings:
startActivity(new Intent(this, Prefs.class));
return true;
}
return false;
}

}

onOptionsItemSelected()では、タッチされたメニュー項目のidをswitch文で判別し、動作を振り分けるのが一般的のようだ。
ここでは通常のメニュー項目として考えられるプリファレンス(設定項目)へ飛ぶとする。

・プリファレンス(設定項目)のレイアウト(正確にはレイアウト元)xmlファイル
プリファレンスはres/xmlにsettings(ファイル名任意).xmlとして書き込む。


<PreferenceScreen xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android" >
<CheckBoxPreference
android:key="key1"
android:title="@string/key1_title"
android:summary="@string/key1_summary"
android:defaultValue="true" />
<CheckBoxPreference
android:key="key2"
android:title="@string/key2_title"
android:summary="@string/key2_summary"
android:defaultValue="true" />
</PreferenceScreen>


プリファレンスは<PreferenceScreen>~</PreferenceScreen>内に書く。
PreferenceCategoryを使えば、Categoryとしてまとめることもできる。

1.key:参照する際のキーとなる。
2.title:プリファレンスの項目名
3.summary:プリファレンスの説明文(項目名の下にやや小さな文字で書かれる概要)
4.defaultValue:デフォルト値を(ここではCheckBoxなのでtrueかfalseで)指定


ここまで共通。

以下androidのver.によってプリファレンスのアクティビティ.javaファイルの記述が異なる。

・3.0より前・・・→ PreferenceActivityの派生クラスを使う
・3.0~ ・・・・→ PreferenceFragmentの派生クラスを使う

PreferenceActivity
PreferenceFragmentの違いです。

PreferenceFragmentを使用する際には、extendsをPreferenceFragmentに書き換えるだけでなく、
Fragmentを使用するために少々クラスの構成を変える必要があります。
(自分はこれが分からずに、二日ぐらい唸っていました

・3.0より前

import android.os.Bundle;
import android.preference.PreferenceActivity;

public class Prefs extends PreferenceActivity {
@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
addPreferencesFromResource(R.xml.settings);
}
}

もちろん アクティビティ.PrefsをAndroidManifest.xmlに登録することを忘れずに。


1.addPreferenceFromResource()はXMLからプリファレンスの定義を読み出し、現在のビューに追加する。


・3.0~
注意点としては「FragmentはActivity内にstaticクラスとして作成すること」、「getFragmentManager().beginTransaction().replace(android.R.id.content,new PrefsFragment()).commit();」をActivityのonCreate()内に書き込む。

import android.os.Bundle;
import android.app.Activity;
import android.preference.PreferenceFragment;

public class Prefs extends Activity{

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);

// Display the fragment as the main content.
getFragmentManager().beginTransaction().replace(android.R.id.content,
new PrefsFragment()).commit();
}



public static class PrefsFragment extends PreferenceFragment{
@Override
public void onCreate(Bundle savedInstanceState){
super.onCreate(savedInstanceState);
addPreferencesFromResource(R.xml.settings(プリファレンスのxmlファイル名));
}
}
}



1.getFragmentManager().beginTransaction().replace(android.R.id.content,new PrefsFragment()).commit();
どうやらこのコードはFragment(PreferenceFragmentに限らず)を使用する時の雛形コードらしい。
2.android.R.id.contentは、layout/xmlファイルが含まれている場所を指す。

正直ここら辺はフラグメントの機能を勉強してないので、コードを丸写しした。。


kamiyasu

Author:kamiyasu

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。