徒然なるままに

個人の備忘録を中心としたブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
update-rc.dを使って、apacheの起動スクリプトapachectlをrc*.dに登録します(*は0~6のランレベル)

まず、下のコマンドを入力して/etc/init.dにapachectl をapacheとして置きます。
install -o root -g root -m 755 /usr/local/httpd/bin/apachectl /etc/init.d/apache

installコマンドはcpにインストール機能を特化したものと考えれば良い。
ここでは-o(own)所有者 -g(group)グループ -m権限などを設定しています。

あとは、update-rc.dにこのスクリプトを渡して自動で/etc/rc*.d/に登録してもらいます。
ランレベルの設定はデフォルトで、スタートとストップ用の番号をそれぞれ指定しています。
update-rc.d apache defaults 85 15



/etc/rc0.d/K15apache -> ../init.d/apache
/etc/rc1.d/K15apache -> ../init.d/apache
/etc/rc6.d/K15apache -> ../init.d/apache
/etc/rc2.d/S85apache -> ../init.d/apache
/etc/rc3.d/S85apache -> ../init.d/apache
/etc/rc4.d/S85apache -> ../init.d/apache
/etc/rc5.d/S85apache -> ../init.d/apache
シンボリックリンクが作成されるはずです。

自動起動を停止したいときは、まずスクリプト本体を削除してupdate-rc.d removeを使います。
sudo rm /etc/init.d/apache
sudo update-rc.d apache remove

この順番じゃないとupdate-rc.dは強制オプション(-f)でない限り受け付けません。
シンボリックリンクだけを削除して、使われないスクリプト本体が残る状況を防いでいます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kamiyasu2.blog.fc2.com/tb.php/13-abc8c364

kamiyasu

Author:kamiyasu

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。